ウリンで作る境界フェンスH1800

10月 22nd, 2009

文京区にお住いのO様から、お住いの新築に伴い境界に防犯を兼ね備えたフェンスを作って欲しいとご依頼をいただきました。

素材のウリンもご指定でした 素材についてはすでにお勉強をされていたご様子、ウリン指定は「ムムム、さすが」 ウリンは切り口から樹液成分が雨により溶け出し周囲を汚すことが有名ですが、今回のように地面に直接柱を埋め込む場合はその問題は心配御無用ですね

さて今回のフェンスの最大のポイント(お客様のご要望)はフェンスに溶け込む特注ドアをつくること、ということでそれではフェンスをドアになる部分を切り取りそのままドアにしてしまいましょう!ということになりました。 

ところがこの作業以外に難しいぞ。。。。 (写真参考)

Image0081beforeomoto fence kanryouafter

omoto door open maeドア開口前 

横板は20×105の3.6mもの この一枚板16列を崩さず生かしてカットしていきます。

omoto door openドア開口後

omoto sagyou1作業風景(カットされた扉部分が立てかけてあります)

omoto fence tobira-uraドア作成取り付け

(斜めにステンレスワイヤーにターンバックルをつけた筋交いを取り付けています)

omoto fence+door 

一枚板のラインがそのままにドアが完成しました 取手はステンの鍵つきです 

白っぽいのはサンディングをしたためです、じきに馴染みます。 

ウリンは製材直後は黄色っぽい色をしていますがだんだんオレンジ→茶→こげ茶→黒っぽいグレーに変化します。

O様は防犯上フェンスの工事を先行されましたが、お庭はこれからゆっくり計画されていきます。

今回のように敷地側にフェンス板を貼るケースは特に隣地が通りに面してない場合に選択される手段です 

どうしてもフェンスには裏側と表側が出来てしまいますからね 

ちなみに裏側はこんな感じです

omoto fence ojikara2