ビンテージマンション ベランダリノベーション1

5月 28th, 2009

港区のプランタス様(http://www.plantus.jp)の依頼でビンテージマンションのバルコニー部分のリノベーションに参加しました
使用材はクマル(CUMARU)マメ科の常緑広葉樹 ブラジル原産
表情がとてもイペに似ていてやはり硬くて重い材です
植栽のしつらえが楽しみですね

dsc02941before

dsc02849before

image024after

image0221after

image0151

この穴にグリーンをコーディネートするそうです(プランタスさんのHPを楽しみに)

image0211扉をつけてすっきりの見栄え

image0171こんな感じで扉が開きます(ハードウッドの扉は重いのでローラーをいつもつけてます)

image0311

ベンチのアクセントに花台を設置 これぞデザイナーズ!!

image0281

ディテールが美しくなくてはね

image0142作業風景 私

image0121作業風景S君

引越し

3月 19th, 2009

e4bd90e897a4e6a798e5ae8ce68890e5aea4e58685e3818be38289efbc93 e4bd90e897a4e6a798e5ae8ce68890efbc92
先日 マンションのウッドデッキを完成させてきました 素材はイペ
お客様も満足してくださって 写真を送ってくださいました
かっこいい写真でしょ
お客さまは一流のグラフィックデザイナーさんですから写真の構図もばっちりですよね やっぱり違うなー(^^)
ここのところ忙しくって夜はぐったりでブログの更新さぼってましたー ゴメンナサイ
それとブログを引っ越す準備をしてます ですからちょっと更新休みがちなのですが、もっとパワーアップしたブログになりますので乞うご期待です!

新年のご挨拶

1月 7th, 2009

e9a699e58f96e7a59ee5aeae
皆様おけましておめでとう御座います
旧年のご愛顧感謝です 本年も御贔屓の程宜しくお願い申し上げます
m(_ _)m
今年の初詣は香取神宮に行ってきました
東関東自動車道の佐原香取インターチェンジを降りてすぐの小高い山間にある神社です 水戸黄門が植えた黄門桜や昭和天皇が植えられた木があったりして地味な神社な割りに一宮(いちのみや)です
境内は樹齢数百年の木々から降り注ぐマイナスイオンが心地よく身も心も洗われる感じです こうした宮参りの楽しみの一つに出店での買い物があるのですが、千葉の出店(でみせ)はもうちょっとがんばってくれないかなーって思うところがありますね なんかね買いたいものがあんまりないし、子供達(甥っ子)に買ってあげたいものも少ない 唯一買ったのがジャガイモをらせん状に棒に指して揚げたもの(名前なんだっけ?)あれは美味しかったなー
帰りに佐倉の鎮守である麻賀田神社でお札をもらい おみくじを引いて帰りました 中吉でした! さあ今年もがんばるぞ!!

クシビキ

10月 29th, 2008

kushibiki2
先日 ふと目に付いた外壁左官の仕上がり「クシビキ」の技、数年前からこのクシビキ調の左官仕上げが人気ありますよね、でもこのクシビキ本当に難しくて、職人さんの腕の差がはっきり出ます 
しかしこのお宅の仕上がりには驚きました 「うまい!」
ちょっと足を止めてしばし見入っていた私

ユニオンワークス

10月 14th, 2008

slide sawユニオン青山店の現場で加工する筆者
 model5 model1 model
ユニオンワークス青山店はモデルさんのちょっとした撮影スポットになっているそうです(いいなー青山店のみんな)
nakagawa_san
中川さん(左)と筆者(右)
ユニオンワークスの中川さんはいつもお世話になっていて、リスペクトする一人です、以前私にユニオンワークス青山店のデザイン協力と施工をさせてくれました、皆さんユニオンワークスってご存知ですか? 
http://www.union-works.co.jp/
すっごくカッコイイ靴の修理屋さんです。代表の中川さんはこの「靴修理」業界を「shoue repaieシューリペア」業界に変身させたといっても過言でない業界のカリスマです。 ユニオンさんの工場を覗くとすっごい高級そうな靴や個性的な靴、とってもドレッシーな靴がごっそりとあり、さながら高級靴のコレクション見本市?その靴たちはどれも履きこまれたビンテージの風格。その靴たちを一つ一つ大事そうに修理して磨き上げているのは若きシューリペアマイスターとお弟子さんたち、何をかくそうその工場のリーダー?を私の弟がやっています、ユニオンの草創期に中川さんに弟子入りしました、そんな関係もあり、私のことも何かと中川さんは気にかけてくれるのですが、デッキ屋「デッカーズ」を運営する上で「仕事をカッコよく」変身させる中川さんのコーディネート力とセンスにはいつも勉強させられます。そしてなにより靴に注ぐ愛情の深さには感動すら覚えます。
そこに集まってくる靴たちは一流のブランドの一流の職人が作ったものが大半ですし、何よりユニオンに託されるほどご主人様に愛されている靴たちですから、愛情を注いで当然かもしれませんが、愛情の循環がそこには存在していて、いい仕事してるなーと常々思うのです。
私も末永く愛される作品を作るぞー!! p(^^)q