クマル材で花壇

5月 14th, 2009

image023 image0222 image0212
先日プランタスさんの依頼で静岡県三島市まで工事に行きました
外資系企業の工場の社員食堂の改装工事に一部参加です
食堂入り口を飾るルーバーと花壇をクマル材(別名イペシャンペーン)で作り接地してきました(デザインはプランタスの岩瀬さん)
クマル材はイペと同じ南米のアマゾン川流域の産出材です 見た目もイペにそっくりで見慣れた人じゃないと見分けがつきません
しかしイペがフタバガキ科なのにたいしてクマルはマメ科です
よおく比べるとクマルの方が木目がはっきりしていてキメが粗い感じがします、それにイペに比べ材の曲がりが激しいので構造部(柱や根太・梁など)に使用するのは敬遠したい材です 床やフェンスの板程度でしたら曲がっていても矯正できるので大丈夫ですが
上手に使い分けたい材でした
花壇のゼラニュームが入り口を華やかにしてくれてますね