ルーフデッキ

10月 29th, 2008

Image158根太をジョイントする私
Image157デッキパネルの調整をする辻野君

 
今日は東京城南地区のルーフデッキ工事でした 天気は快晴 ルーフの工事は空が広くて気持ちいいですなー
お客様は先に完成したお隣様のデッキをご覧になって「うちもやってちょうだい!」ってことになったのでした「ラッキー!!」
間口3.2メートル奥行き6.6メートルのデッキは真中で床材をジョイントする方式です これは長い材料がエレベーターに入らないため、3.2メートルの材料を半分にカットしたためです。 
左右繋げれば木目も通る一本の材になりますので美しいです。
写真の辻野君がやっている作業は端っこの部分に均等に隙間を広げて
中央部分とパネルの幅を合わせる作業です。
これは木材は木口部分から乾燥が進行しているので真中の幅と木口部分の幅が違うのです 木口部分は1~1.5パーセント程細くなっています。 いずれ乾燥は進み中央部分も同じくらいの隙間になります。